「現金確保プット売り」のわかりやすい説明

スポンサーリンク

カバードコール戦略と同様、オプション初心者向けの「現金確保プット」戦略について紹介します。

現金確保プットとは?

現金確保プット(CSP: Cash Secured Put)とは、充分な現金を用意して、買ってもいいと思う銘柄の株価より、権利行使が低いプットを売り建てる(買う約束をする)戦略のことです。当然、プットを売ることでプレミアムを受け取ることができます。

指値注文より優秀

よく株を購入する際は「株価が〇〇まで下がったら買おう」といった指値注文をすると思います。残念ながら、指値注文ではプレミアムを受け取ることはできません。ただ指を加えて株価が下がるのを待っているだけですよね。

一方、プット売り戦略では、オプションの価値に相当するプレミアムを受け取りつつ、手頃な株価に下がるのを待つことが可能です。

指値注文をやるくらいならプット売りした方がおトクな感じがします。

ネイキッドプット売りは危険

冒頭、「充分な現金を用意しつつ」と書きましたが、現状なし(ネイキッド)でプット売りすることはおススメしません。

もし株価が権利行使価格より大幅に下落してしまった場合(イン・ザ・マネー)、株購入の支払いが発生し、その上、大きな含み損まで抱えてしまうからです。

オプションを行使されたら、どんなに株価が下がっても、権利行使価格で株を購入しなければなりません。

このことを肝に銘じて、現金を確保した上でプットを売り建てましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください