スポーツで中級者から脱するためにやるべきだった一つのこと

スポンサーリンク

僕はスポーツが大好きです。

野球にテニス、ゴルフや格闘技もやりますが、残念ながらどのスポーツも中級者レベルを抜け出せません。

何とか中級者から上級者になりたいと思いあれこれ試行錯誤しております。

そんな中、これは有効だと実感したことがあるので紹介したいと思います。

スポーツ競技者のレベルを初級者〜プロ級までに分類すると、その特徴は以下のように考えることができます。

レベル フォーム 安定性 身体能力
初級者
中級者
上級者
プロ級

注目すべきは、中級者と上級者を分けているのが「安定性」である点です。

安定性とはゴルフでいうと「ショットのブレが少ない」野球では「甘いボールは常にヒットを打てる」などの安定性です。

この安定性は関節が安定して機能することで得ることができます。

股関節を動かすのは「腸腰筋」という筋肉です。

腸腰筋はインナーマッスルの一種なので意識して動かせるようになるまでにはコツが必要です。

中級者を脱せずに悩んでいる人は、まず腸腰筋を鍛えて股関節をいつでも安定して動かせるようにしましょう。

そこを達成すれば上級者への道が見えてきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です