スマホは格安SIMで月5000円節約できる

スポンサーリンク

家計を圧迫するスマホ料金の削減方法を紹介します。

端末とSIMカードを分けて考える

スマートフォン(以下、スマホ)を利用するには、端末とSIMカードの2つが必要です。しかし、この2つを意識して使っているの人は稀でしょう。

ほとんどの人はスマホを販売代理店で購入します。たいていこの時、購入者は端末とキャリア(通信費事業者)のセット商品を買わされています。もちろん契約するキャリアは大手キャリア(docomo、Softbankなど)だと思いますが、大手キャリアは月々6000円〜7000円の料金を請求します。

国際的にみると日本のスマホ利用料金はやや高めです。これにはカラクリがあって、キャリアが携帯電話の販売代理店に支払うインセンティブ(販売報酬金)が高く、これが私たちが支払う月々の料金に跳ね返ってくるという仕組みだからです。つまり、「スマホはゼロ円で入手したけれども、浮いた費用は月々の料金で穴埋めしているだけ」といった事態に陥っているのです。

通信費の節約の第一歩は、スマホを、端末とSIMカードに分けて考えることです。実際には、次のステップを踏みましょう。

  1. SIMフリーのスマホを入手する
  2. 格安SIMを入手する
  3. 格安SIMのプランを選択し、契約する
  4. 先の端末に挿入し利用する

SIMフリー端末を入手

まずほ、SIMフリーのスマートフォンを入手しましょう。代理店だと大手キャリアのSIMロック端末がほとんどなので、ネットで入手しましょう。

おすすめはZenfoneですね。

この他にも「SIMフリー」「スマホ」でググれば情報はたくさん見つけられるはずです。

格安SIMを入手する

格安SIMは、MVNOが発行するSIMカードのことです。MVNOとは、Mobile Virtual Network Operatorの略で、大手キャリアの回線をレンタルして私たちに提供してくれる事業者のことです。

このMVNOが発行するSIMカードは、一般的に大手キャリアと比べて費用が安く抑えられるため「格安SIM」と呼ばれています。

格安SIMの特徴は次の通りです。

  • 2年縛りがない
  • ネット上で契約できる
  • 使用データ量に制限がある
  • 通話料が別途かかる

上2つがメリットで下2つがデメリットです。ですので、データの使用量が限られている、通話をほとんどしない、という人であれば、間違いなく格安SIMを使った方がオトクになります。

格安SIMはIIJmioが通信安定性、費用対効果の観点でおすすめです。

プランを選択し契約する

とりあえず、IIJmioで話を進めます。IIJmioは次のようなプランを用意しています。

私は、音声通話付きでデータ容量3Gのミニマムスタートプランで契約しています。月々の料金はなんと1600円(税抜)です。

大手キャリアで月々7000円支払っている人からすると、5000円も安くスマホを利用していることになります。

さいごに

この情報社会において知らないことで損することが数多く存在します。

逆説的ですが、与えるものはさらに与えられるといつ言葉がありす。

この残酷な資本主義社会で生き残るためにもオトクな情報は発信していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です