為替の影響とトータルリターンを切り分けよう

スポンサーリンク

FRBの利下げ期待からアメリカの長期金利が低下しております。また欧州ECB総裁に就任したラガルド氏も現在のハト派姿勢を変えないとみられており、結果として円高が進行しております。

アメリカもヨーロッパも金融緩和(金利が低下)するとドル、ユーロが売られて、相対的に日本円の購入量が増えます。日本企業は海外での売上金も円に買い戻しますからね。

さてこうなると、円高進行と逆相関する日本株の停滞が予想されます。また円建てで購入している投資信託などもパフォーマンス低下を余儀なくされるでしょう。

さて最近は日本でも、現代ポートフォリオ理論に対する理解が深まり、「世界経済の成長に乗っかる」という考え方が一般的になってきました。それぞれのリスク許容度に応じて株式と債券の割合を調整し、各人に合ったポートフォリオを構築します。

しかしながら、日本人が円建てで構築したポートフォリオは、いくら投資先が分散されていても、為替の影響を受けてしまうためボラティリティが高まってしまうのです。

為替の影響と投資先の純粋なトータルリターンを切り分けて考えるためには、ドル建てでポートフォリオを構築するのがオススメです。日本円をドルに両替して、外国株式市場でETFや株式を購入するのです。そうすることで煩わしい為替の動きに左右されず、冷静に資産運用できるようになると思います。

上記の方法は「最終的に絶対日本円に両替する」という人には向かないかもしれませんが、海外旅行を頻繁にする人や海外移住を視野に入れている人なんかにはうってつけだと思いますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください