脳内からサラリーマン思考を排除する方法

スポンサーリンク

脳内のメモリは有限です。脳は「あれもこれも」と様々なコトを考えているうちに、メモリの空き容量がなくなり全ての思考がスローダウンしてしまいます。

日頃、私たちは脳で考えたことベースで行動しているので、脳を有効活用するコトの大切さは誰もが実感していることでしょう。

今回は、脳の有効活用の方法について紹介します。

脳内メモリを有効活用する

脳の有効活用、それは、「いかに脳内メモリを節約して、有意義なコトに集中させるか」と言い換えることもできます。

では、集中とはいったい何なのでしょうか?

集中とは「ノー」と言うことだ、とスティーブ・ジョブズは言っています。

「“集中する”というのは、集中すべきものに『イエス』と言うことだと誰もが思っている。だが本当はまったく違う。それは、それ以外のたくさんの優れたアイデアに『ノー』と言うことだ。選択は慎重にしなければならない。」(スティーブ・ジョブズ)

脳内で仕事のことばかり(サラリーマンでいること)を考えているなぁ、と感じたら、本来やりたいことに集中できていない証拠です。

そんな時は、頭の中で 「ノー」と言いましょう!そして、本来の目標に意識が向くように自分の脳内メモリをコントロールするのです。

僕を含め多くの人が、

  • 昨日の資料どうしよう
  • 今日のプレゼンどうしよう
  • 明日のアポイントどうしよう

などの考えが脳内を占有しています。

これらが本当にやりたいこと(目標)であればよいですが、少しでも違うと思ったら「ノー」と叫びましょう。

そして、「自分の本当にやりたいことは何なのか?」と問い続けましょう。

最後にに敬愛するスティーブ・ジョブズの言葉を紹介します。

少しでも、僕のようにモヤモヤした感情を抱いている人の参考になれば幸いです。

もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定のことを私は本当にやりたいだろうか?(スティーブ・ジョブズ)

人に与えられた時間は限られている。
だから、誰か他人の人生を生きて、その時間を無駄にしてはならない。(スティーブ・ジョブズ)

最も大切なのは、自分の心と直感に従う勇気を持つことです。自分の本当になりたい姿を知っているのは、自分の心と直感なのだから。(スティーブ・ジョブズ)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です