自己紹介

スポンサーリンク

こんにちは。管理人のカツです。

「もっとお金の話がしたい」と思い、本ブログを開設しました。

学生時代から数学が好きで、給与を貰うようになり、その使い途を考えていた矢先、

「投資って実利と興味を兼ね揃えた最高の趣味じゃん!」

と気付きました。それからは投資にのめり込む日々です。

以下、簡単に私の投資遍歴を詳述したいと思います。

個別株でビギナーズラック(24歳)

最初は個別株に手を出しました。投資額は40万くらいだったと思います。3万円くらいの利益を得ました。まぁ完全にビギナーズ・ラックですね。

FXで調子に乗り、なけなしの財産を溶かす(25歳)

次にFXに手を出しました。毎日コツコツと千円単位で儲かったので「FXってチョロいな」と思いました。しかしその後はご想像の通り、見事に「行動経済学の罠」にはまり、なけなしの財産(数十万円)を溶かしてしまいました。

のちにFXはゼロサムゲームであることに気付きました。自分では勝てないと悟り、完全撤退しました。

インデックス投資を始める(27歳〜)

FXでの失敗以来、資産運用について真面目に勉強してました。するとなにやら「インデックス投資」なるものはプラスサムゲーム(参加者全員の期待値がプラスになる)で経済学的に最も合理的な手法として確立されていることを知りました。

そこからはグローバル株価指数に連動する投資信託を購入し、毎月ちょこちょこと積み立てて運用しました。ちょうど世界の上昇相場に乗っかる形で、またアベノミクスによる円安の恩恵も重なって、そこそこの利益を得ることができました。

投資信託からETFへリレー投資(30前半)

インデックス投資は経済学的に最も正しい投資法として確立されていますが、購入したあとは基本ほったらかしなので、とっても退屈な投資手法です。また投資信託(分配金再投資型)はキャピタルゲイン(値上がり益)とインカムゲイン(配当金)の区別がつきません。さらに、円建てだと為替の影響もわかりづらく、やや不満がありました。

上記の不満を解消するため思い切ってこれまで積み立ててきた投資信託を清算し、全てETFに切り替えました。売却益に対して課税されてしまいましたが、致し方無しです。

債券割合を増やす

ETF中心に運用しておりましたが、レイダリオのオールシーズン・ポートフォリオの考え方に触れ、債券ETFの増やしました。自分自身のリスク耐性に自信がありませんでした。

高配当株への投資(〜現在)

そんな中、ジェレミー・シーゲルの「株式投資の未来」を読み、高配当株の存在に惹かれました。インデックスに連動するETFを中心にしつつ、サテライト的に高配当株も購入しました。

また、投資プラットフォームの主戦場も「インタラクティブ・ブローカーズ証券」という海外の証券会社に移しました。

まだ投資の原資は限られていますが、今は「レバレッジ」と「オプション取引」を駆使して毎月キャッシュフローを得ています。

よろしくお願いします

投資に関する情報をシェアできたらと思います。何卒よろしくお願い申し上げます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

子持ちの30代サラリーマン。経済合理な行動と生活の質の最大化を心がけインデックス投資に励んでいます。