円高のメカニズム

スポンサーリンク

巷ではよく「投資家心理が悪化したため安全通貨としての円が買われた」という説明を目にします。

一瞬、「なるほどね〜」と感じてしまいますが、この説明に心の底から納得する人ってどれくらいいるのでしょうか?

少子高齢化、巨額の財政赤字を抱える日本の円が何故買われるのか。この疑問を解消すべく、噛み砕いて解説したいと思います。

円買いのメカニズム

早速結論です。

円が買われる要因は実に様々ですが、その構造的な要因を探ると、大きく次の3点に収斂されます。

  • キャリートレード解消などで円の買い戻し(短期的)
  • インフレ率の差だけ円高方向に為替レートが調整される(長期的)
  • 政治的圧力がかかる(突発的)
1つずつみてみましょう。

キャリートレードの解消などで円の買い戻しが一気に起こる(= 短期的)

金融危機などのイベントが発生した際、一時的に急激な円高になる原因は「円の買い戻し」が起こるからです。特に、海外投資家や日本の保険会社によるキャリートレード解消の影響が大きいです。

キャリートレードとは、低金利の通貨を調達して高金利の通貨で運用する手法のことです。円は長年低金利なので、円で資金調達(= 円売り)して、アメリカ市場で運用(=ドル買い)という手法が流行りました(私も実践しています)。
海外の機関投資家は好んでキャリートレードしておりますが、国内の保険会社なども顧客から預かった日本円を外貨に替えて(= 円売り)、積極的に外貨で運用しております。

こうした海外投資ですが、ひとたび金融危機などが起こるとポジションを一気に手仕舞いし、キャリートレードを解消します(円を買い戻します)。これが急激な円高を引き起こすのです。

「キャリートレードとは以前に売った円を買い戻しているだけなので、トータルで見ると相殺されるはずでしょ!」という反論も聞こえてきそうです。

しかし厄介なのは、この流れに乗じて仕掛け的な円買いが発生する点です。円の買い戻しが起こることを想定して新たに「買い」のポジションを建てるのです。近年のAIトレードもこの仕掛け的な買いに拍車をかけています。

キャリートレード解消の動きが、投機筋の円買いを助長し、短期的な円高を引き起こしているのです。

ちなみに近年はユーロの金利が低下しているため、日本円よりもユーロの方がキャリートレードに使用されるケースが多いです。これにより急激な円高が引き起こされる頻度は多少和らぐのかもしれません。

インフレ率の差だけ円高方向に調整されるから(= 長期的)

これまで短期的な円高のメカニズムを説明してきましたが、長期にわたる円高のメカニズムはインフレ率の違いによる説明が可能です。

一般的にインフレ率と為替には、以下の関係が成り立ちます。

  • インフレ率の高い国の通貨は弱くなる(通貨安)
  • インフレ率の低い国の通貨は強くなる(通貨高)
このインフレ率と為替の関係は「購買力平価説」と呼ばれます。

購買力平価説とは、「裁定取引によって異なる国の通貨はインフレ率の差分だけ為替レートが割り引かれる」という考え方のことです。

例えば、アメリカが年3%インフレが進む場合、米ドルは1年で3%下落するはずです。これは金利裁定によってインフレ分を織り込む(= 現在価格に割り引いた)力が働くからです。
日本のインフレ率がアメリカと比べて低いために円高ドル安を招いているということです。

ちなみに、2012年までは平均して3%弱だった日米のインフレ率の差が、アベノミクスの2013年以降は平均して約1.0%まで低下しています。これは長期的な円高圧力が弱まっていることを示唆しているかもしれません。

政治的圧力によるもの(= 突発的)

実際には政治の影響があります。アメリカからは常に円安批判がなされてます。日本銀行は状況に応じて為替介入できますが、政治的圧力を背景に円安誘導と批判される動きは取りづらいはずです。

巨額の貿易赤字を嫌うトランプ政権は各国に対し、通貨安に誘導しないよう牽制しておりますが、結局、政治的な力学により為替は調整されていくのかもしれません。

(おまけ)貿易黒字が原因だった時代もあったが、、、

ひと昔前の日本は大幅な貿易黒字国でした。日本が「輸出大国」と称されていた時代です。つまり日本は輸出によって外貨の大部分を稼いでいたのです。ちなみに2011年までの貿易黒字は10〜15兆円ほどでした。

さて日本企業は決算に合わせて稼いだ外貨を日本円に換金する必要があります。当時10兆円を超える規模の外貨を稼いでいましたから相当な規模です。この定期的に発生する巨額の円の買い戻しが恒常的な円高を招いていました。

てもこれは2011年頃までの話。2018年度の貿易収支を見てみると僅か1.2兆円ほどの黒字にすぎません。したがって近年の貿易支出に関連する円買い戻しの影響はそれほど強くないと言えるでしょう。

まとめ

一般的に説明されている円高要因を解説しました。

  • キャリートレード解消などによる円の買い戻しが起こる(短期的)
  • 購買力平価説によりインフレ率の差分だけ為替レートが調整される(長期的)
  • 政治的圧力によるもの(突発的)

というのがシンプルな説明です。

実際はもっと複雑で、様々な要因が絡み合っています。

円高の背景を理解するうえで、本記事が一助となれば幸いです。

ではでは。

参考

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください