投資家としてステップアップしたい人は投資信託からETFへ

スポンサーリンク

こんにちは。Katsuです。
だいぶ更新をサボっていました。

ブログ更新を怠っていた言い訳の一つに、投資信託からETFへの移管手続きをおこなっていたことが挙げられます。

ご案内の通り、私は2012年からずっとインデックス型の投資信託に投資してまいりました。この間、ある程度のリターンは得られているのですが、文字通りの「ほったらかし投資」を実践して参りましたので、投資という観点でいうと、本当に「ツマラナイ」ものになっておりました。そんな中、インデックス投資ブログ界隈では、昨今の米国株高を背景に米国ETF投資が盛んになっていると知りました。「これは乗り遅れるわけにはいかぬ」ということで私も参入してみたくなった次第です。

さて、投資信託とETFは似ているようで異なる点が多数あります。信託報酬額の違いや時価売買のタイミングなどあるようですが、私が考える1番の違いはズバリ「透明性」です。投資信託では、キャピタルゲインとインカムゲインの区別がつかなかったり、為替の影響がわかり辛いという難点がありました。一方で、ETFはこれらの損益を確認可能ですので、

  • 「ドル建てでは儲かってるけど、為替損の影響でトータルでマイナスになってるな」
  • 「債券価格は殆ど変動してないけれど、分配金の分リターンが得られているな」

といったことがわかるようになります。

投資信託のメリットはなんと言っても「楽なところ」にありますが、投資信託というパッケージを解きほぐして、自身でETF投資することで、一つ一つの中身を理解できるようになります。

手間が増える分、トータルのメリットは小さいかもしれませんが、投資家としてステップアップしたい方はETFへの乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です