Walletを駆使して財布の中身をスリムにしよう

スポンサーリンク

iPhone7から搭載されたFeliCa機能が超絶便利です。iPhoneのWallet機能を積極的に使うようになってから財布の中身がだいぶ軽くなりました。

それではiPhoneで財布をスリムにした方法を紹介したいと思います。

iD付きクレカをWalletで

私はスーパーフライヤーズカード(SFC)を使っているのですが、このカードにはiDが搭載されています。なので、このクレジットカードをiPhoneのWalletに入れると、非接触(FeliCa)でiD支払いができます。iDはドラッグストア、コンビニ等で大抵利用可能ですので、財布を取り出すことなく支払いが可能です。

これまでクレジットカードを手帳型iPhoneケースに収納していましたが、iPhone8に変えてからクレジットカードは財布に戻しました。財布の中にクレジットカード(ゴールドカード)を戻してあげると財布を開けた時の気分も上がります。

SuicaをWalletへ

日本版 iPhoneの最大の魅力ですが、SuicaもiPhoneに入れることができます。するとパスケースなども不要になり更に持ち物を減らすことができます。またSuicaのアプリをインストールすると、Suicaへのチャージやグリーン券の購入もiPhone上でできるようになります。

SuicaをiPhoneに入れたことでチケット売り場に並ぶこともなくなりました。

スタバアプリをiPhoneへ

スタバによく行く人はスタバアプリをiPhoneに入れることをお勧めします。スタバアプリに入金してデビットカード感覚でiPhoneによる支払いが可能です。コーヒー一杯飲むのに財布を取り出す必要はもうありません。

TポイントカードをiPhoneへ

TポイントカードをiPhoneに入れればカードを持ち歩く必要はありません。アプリを開いてバーコードを見せればポイントを貯めることが可能です。

まとめ

以上、五月雨式にWalletの活用方法を述べてきました。まずは、財布の中のカードを取り出して、これらがiPhoneアプリで代替できるか検討してみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です