データ分析でよく耳にする「apples and oranges」とは?

スポンサーリンク

リンゴとオレンジって?

データ分析などの話題でよく聞きます。apples and oranges とは「違う条件での比較」という意味です。

以下が参考になります。

「apples and oranges」というフレーズの意味と使い方  | 英語 with Luke

じゃあ、リンゴとリンゴは?

感の良い人なら分かると思いますが、Apple to apple と言ったら「同一条件での比較」です。

「apple to apple」というビジネス英語のフレーズの意味と使い方 | 英語 with Luke

まとめ

データを見た際に、その時の条件に注目することはとても大事なことです。

アメリカ人との会議でデータを見せられたら、「Is that apple to apple comparison?」と言ってみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です