ミニサイトを立ち上げよう

スポンサーリンク

ミニサイトを複数立ち上げて、複数の収益源を確立する方法が注目されています。

この本のポイントは、「ニッチな分野で少数のカテゴリ・記事で整理された情報サイトには必ずニーズがある」と主張されている点だと思います。

確かに、ウェブサイト自体がとてもニッチな内容(本書で紹介されていたキューバ旅行情報など)を標榜していたら、このサイト内での回遊率は自ずと上昇します。

読者からしたら「自分の欲しかった情報を専門に扱っているサイトがあったぁ」と狂喜乱舞するでしょう。

反対に、NEVERまとめサイトや大手の情報サイトには確かに大量の情報が格納されていますが、そこに自分が求めている情報が掲載されているのか否かを確認するまでにも多大な時間を要します(大抵は途中で嫌になり離脱します)。

ブログでは、更新頻度の高さがサイトの価値に直結し、コンテンツの構成というよりは、良質なコンテンツを発信しているブロガーのブランド自体が読者にとっての価値となっています(例: この人が勧める商品だからいいものだろう)。

これはこれで良いので、本書で紹介されていた次の方法で私自身も行動してみようと思います。

  1. 日々ブログに記事を投稿する
  2. ブログ内の特定のカテゴリに対してスピンアウトする形でミニサイトを構築する
  3. 1と2を繰り返す

最近、ビジネスモデルについて考えることが多いのですが「まずは行動」ということで、本書で紹介されていた企画書をいくつか作り、実行に移していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です