家庭で気軽に炭酸水が作れる!ソーダストリームでコストとゴミを削減しよう!

スポンサーリンク

先日ソーダストリームを購入し、これで作った炭酸水を毎日飲み続けています。

ソーダストリーム導入で80%のコストカット!

2017.04.10

多くの人は炭酸水を飲むことに抵抗を感じるかもしれません。私も最初は「味のない炭酸水なんて誰が飲むんだろう」と疑問に思っていました。

ところが、炭酸水を飲み続けるようになってからは、炭酸水なしの生活が考えられなくなくなりました。

そこで、今回は炭酸水とその製造マシーンである「ソーダストリーム」について熱く語りたいと思います。

炭酸水を飲むメリットは?

炭酸水を飲むメリットはズバリ、他の清涼飲料水を飲む必要がなくなることです。

どういうことかというと、ペットボトルに入った清涼飲料水って、着色料やら保存料やらの添加物でいっぱいなわけです。本来なら摂取しなくてもいい成分を余分にとらされています。もちろんダイエットの大敵でもあります。人体への影響はないとされていますが、必要以上のカロリーを摂ってしまうことは明らかです。

ではなぜ、私たちは清涼飲料水を欲するのでしょうか?

それは、「スカッとしたいから」という一言に尽きると思います。

仕事終わりや運動後の炭酸の「シュワシュワー」とした口触りってなんとも言えない爽快感がありますよね。

それならば、スカッとするという目的を達成するために余計なカロリーを摂取しない炭酸水を飲むことが理にかなっているわけです。

毎日炭酸水をペットボトルでは飲み続けるとコストがかさむ

我が家では、炭酸水を箱買いして毎日消費していました。一箱24本入りで2000円程度なので、ペットボトル1本あたり80円から90円程のコストがかかっています。

毎日、缶コーヒーを飲み続けることと比べたら健康的にも経済的にも良いですが、それでも費用はかさみます。

ペットボトルのゴミが増える

もう1つ、炭酸水ペットボトルの箱買いで面倒だったのが、飲み終わったペットボトルの処理です。毎日一本以上の空ペットボトルがゴミ箱に溜まるので、ペットボトルのゴミ出し回数が増え、非常に面倒でした。

エコの観点からも、家庭から出るゴミはなるべく減らせた方がいいですよね。

そんな2つのデメリットを解消してくれたのがソーダストリーム

そんな「費用の問題」と「ゴミの問題」の両方を解決してくれたのがソーダストリームです。

ソーダストリームなら一本あたりの費用が円です。また、専用のカートリッジを取り替えるだけなのでゴミが全くでません。

毎日炭酸水を消費する人は絶対オススメですよ。

使い方は簡単

使い方はいたって簡単です。

  1. 専用のボトルの線の位置まで水を入れる
  2. ソーダストリーム本体にボトルをセットする
  3. 「ブー」という音が鳴るまで、ボタンを数回押す
  4. 「ブー」という音が鳴ったら、ボトルを手前に持ち上げ余分な炭酸を抜く

炭酸の強さは、「ブー」という音を何回鳴らすかで調整します。私は、いつも2回音がなるまでボタンを押して炭酸を注入します。

まとめ

以上、炭酸水とソーダストリームとメリットについて語りました。

  • 炭酸水はスカッとできる
  • 余分なカロリーを摂取しないで済む
  • ソーダストリームで炭酸水を作ればコストとゴミを削減できる
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です