格安SIMを導入して通信費を下げる2つの方法

スポンサーリンク

「もう少し月々の出費を減らしたい」「よくわからないけど出費がかさむ」という悩みを抱えている人は多いと聞きます。多くの人が「保険料の見直し」「食費の節約」などに着手しますが、意外と盲点となっているのが通信費。個人的には、家計改善のために通信費を削るのが一番手っ取り早く、一番メスを入れやすい領域だと思っています。そこで今回は通信費の削減方法について紹介したいと思います。

通信費は大きく「携帯電話」と「自宅のインターネット回線」の2つに分けられます。それぞれ解説しましょう。

スマホはSIMフリー端末&格安SIMで運用

スマホ代を節約するには、端末とSIMカードを分けて考えることが第一歩です。端末にはSIMフリー端末、SIMカードにはMVNOが提供する格安SIMを入手しましょう。

自身のデータ通信料と比較して最適なプランを選びましょう。

大手キャリアで7000円程度かかっていた月額料金が、私が契約しているIIJmioだとたったの1600円です。

スマホは格安SIMで月5000円節約できる

2017.04.05

IIJmioのSIMカードを購入しました

2017.04.04

インターネット回線はwifiルーター&格安SIMで運用

家にインターネット回線をひいている人にも節約の余地があります。光回線は安くても5000円程度料金が発生します。しかし、データ使用量がそれほど多くない家庭やマンションに住んでいる人たちは、ポケットwifiで事足りてしまいます。

ポケットwifi端末も、レンタルではなく購入してしまえば長期的には料金が安くなります。さらに、スマホに挿入しいるSIMカーとデータ量を共有できれば、実質、データ通信料金はかかりません(スマホのSIMカードの月額料金に包含されます)。

モバイルルーターaterm05lnを購入しました

2017.04.03

さいごに

通信費削減に求められるのはITリテラシーです。どの通信事業者も難解な言葉を並べて複雑な商品を売りつけています。

MVNO、SIMカード、プロバイダ、など言葉の意味を1つ1つ理解して賢く節約しましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です