「やらないこと」を決める

スポンサーリンク

やるべきことが多い時は「どうやったら全てこなせるか」を考えるのではなく「何をやらないか」を決めることが大切です。

そもそも前者は「人生はコントロール出来る」という欧米のライフハック的な前提に基づいています。一方、後者は「人生は無常」というアジア人の仏教的な前提に基づいており、生き方が楽になるという意味でこちらを私は志向しています。

一般的なサラリーマンがやっていることといえば次のようなものでしょう。

  • 仕事
  • 飲み会
  • 自己学習
  • 趣味
  • 家事
  • 育児

仕事や飲み会が増えると、その分その他のやるべきことができなくなります。

上記のうち私が減らせるのは「飲み会」と「家事」です。飲み会は「断る力」を発揮するこ、家事は「家電による自動化」を導入することで十分実現可能だと考えています。

自己学習や趣味も分野を絞っていきたいですね。時間は有限なので「やらないこと」を決めて本当にやるべきことに集中していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です