コンテクスト(文脈)の中で知識を醸成したい

スポンサーリンク

知識を吸収するもっとも手取り早い方法は、「必要最小限の情報が体系的に記された教科書を丸暗記する」ことでしょう。

この方法は、知識の多寡を競う場面(ペーパーテストなど)では非常に有効ですが、「稼ぐ」ことを求められる場面では残念ながら一切機能しません。その理由は、汎用性・応用性が極めて低いから。コンテンツビジネスを例にとると、知識を活用して稼ぐためには、読者の共感を得られるような言葉に知識を変換することが求められます。難しい理論をわかりやすく解説してくれた書籍などはよくベストセラーになりますよね。これは執筆者がペーパーテストでのみ役に立つ知識を吸収していたからではなく、汎用性の高い知識をインプットしていたからに他なりません。

それでは、汎用性の高い知識を得るためにはどうすればよいのでしょうか。

「知識」と似た言葉に「知恵」がありますが、私の周りの頭のいい人達は「知識」をひけらかすのではなく、知恵を知恵に巧みに変換しています。

彼らに言わせると、このように知識を知恵に変換するコツは、コンテクスト(文脈)の中で知識を吸収することなのだそうです。具体的には、書籍、話、経験を通じて知識を養うことと言えるでしょう。

私自身は偉そうなことは言えませんが、コンテクストの中から得られた知識は、目の前の課題に対して臨機応変に姿形を変えることができるので「いつでも」「どこでも」取り出して活用することができます。

このようにポータブルな知識(いつでもポケットから取り出しやすい知識)を得るためには、繰り返しになりますが「コンテクスト」が重要になります。

よく自己啓発本で「本を読め」「映画を観ろ」「一流のレストランを経験しろ」などと書かれる理由の1つには、良質な知識は良質なコンテクストの中からでしか得られない、といった普遍の理があるからなのかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です