投信マイレージサービスで毎月ポイントが付与されるようになった

スポンサーリンク

保有しているファンドをSBI証券に移管してから2ヶ月が経過しましたが、期待していた通りSBIポイントが付与されています。

SBI証券の素晴らしさは、どんなに信託報酬が安いファンドであってもポイント付与の対象から除外されないことです。

当社取り扱いの投資信託すべての銘柄が投信マイレージサービスの対象銘柄です。ポイント付与率は月間平均保有金額が1,000万円未満の場合、通常銘柄の月間平均保有金額に対して0.1%を付与します。1,000万円以上の場合、通常銘柄の月間平均保有金額に対して2倍の0.2%を付与します。

SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-

今回は約400ポイントが付与されましたが、保有する投資信託の額を1000万以上に調整すれば加算されるポイントがさらに上乗せされます。

現在、投信ファンドの信託報酬(手数料)がETFの手数料にどんどん近づいてきています。

リレー投資は必要なのか?

2017.04.10

ETFとインデックスファンドの違い

2017.03.10

投信ファンドには、ポイント還元率0.05%が付与されるので実質の手数料はその分減額されます。さらに投信ファンドは配当金に対する課税がなされないので、実質のコストはETFとほとんど差がないと言っても過言ではないと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です