【書評】まさに起業家のバイブル「はじめの一歩を踏み出そう」を読了しました

スポンサーリンク

アメリカの起業家のバイブルといわれるマイケル・E・ガーバーの「はじめの一歩を踏み出そう」を読みました。

著者のバーガーは、20年間にわたって25000社以上のスモールビジネスにコンサルティング活動を行ってきた「スモールビジネスの第一人者」であり、本書はその経験から失敗するスモールビジネスの原因を分析し、成功のノウハウを明かしています。

Amazonの商品紹介文を見てみましょう。

本書によると、米国では毎年百万人以上の人たちが会社を立ち上げる一方、1年目に40%、5年目で80%以上が姿を消しているという。その多くは「事業の中心となる専門的な能力があれば、事業を経営する能力は十分に備わっている」という誤った仮定で事業を始めるからだ。実際には専門的な仕事をこなすことと、事業を経営することは全く別の問題だと述べる。帳簿をつけたり、人を雇ったりと、これまでに経験がないような仕事がわき出してきて、本業に手が回らなくなる。そうならないためには、収益を生み出す事業を定型化して、パッケージにしてしまうことが大事だ。つまり、自分がいなくても、ほかの人が同じように事業を回せる仕組みをつくることだという。そして、「どうすれば、ほかの人に任せても、事業は成長するだろうか?」などの質問を投げかけ、目標設定や組織戦略、人材戦略など、具体的なノウハウを解説していく。

バーガーはスモールビジネスが失敗する一番の原因は、「職人が経営をするから」だと指摘しています。人はもともと「起業家」「マネジャー」「職人」の3つの相容れない性格を持ち合わせており、スモールビジネスを成功させるためには、自分のマインドの中から職人を追い出し起業家の精神を育てる必要があると説きます。起業家の具体的な心構えは本書で余すことなく詳細に記されています。

また、本書にはその他様々なフレームワークも紹介されています。特に印象的だったのが「イノベーション、数値化、マニュアル化」。これまで個人や事業の成長手段を示したフレームワークである「PDCA」がどうしてもピンときませんでした。なんだか当たり前というか、具体性に欠けるというか…。

マイケル・ガーバーが提唱する「イノベーション、数値化、マニュアル化」はPDCAの手段をより具体的に示し、個人としても成長を実感しやすいフレームワークだと思います。

本書には金言が満載なのでバイブルとして繰り返し読み返したいと思います。2000年に上梓された本だそうですが内容も全然色褪せていません。

「はじめの一歩を踏みだしたい!」

そんな方にオススメの一冊です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です