股関節を操縦できるようになろう

スポンサーリンク

気をぬくとすぐに機能不全に陥る股関節。久しぶりに運動をすると、そのパフォーマンスの低さに我ながらビックリします。運動時に思ったとおりの動きができないのは股関節を上手く操縦できていないためです。

オフィスで座りっぱなし等で運動不足が蓄積されると、股関節が凝り固まって、運動時に股関節が上手く機能しなくなるのです。

股関節は下半身と上半身を接続し、それぞれに動力を与えるエンジンのようなものなので、股関節が機能しないと当然身体がうまく使えません。

  • 手打ちになってる
  • 足が動いていない
  • 一歩目が遅い

とりわけ球技スポーツでよく言われる指摘ですが、これらの主な原因は股関節が上手く動かせていないからです。

以前、股関節の柔軟性正しい使い方について書きましたが、こういった意識は常に持って習慣化しないとすぐに忘れてしまいます。

日頃から股関節を意識的に動かして、パフォーマンスを維持する必要があるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です