ETFのわかりやすい説明。投資信託との違いは?

スポンサーリンク

ETFとは、Exchange Traded Fundの頭文字をとった言葉で、日本語では「株価指数連動型上場投信」と訳されます。

文字通り、特定の株価指数(日経平均やダウ平均など)に連動するように運用される投資信託です。

通常の投資信託と異なるのは、株式市場に上場している点です。つまり、株式と同様に1株から取引ができます。他方、投資信託は円建てで100円から購入できます。金額ベースで買い付けられるためいちいち計算の手間もかかりません。

一般的に、ETFの信託報酬(エクスペンスレシオ)は投資信託より有利で低コストです。また、分配金という形で、特定の月に配当金がキャッシュアウトされます。投資信託ではこの辺りが不透明です(基準価格の上昇として現れる)。ETFの方が透明性の高い投資対象と言えるでしょう。

残念なのは、ETFの分配金は課税される点です。税メリットの面では投資信託に軍配が上がります。非課税で再投資可能ですからね。

以上のメリット、デメリットを考慮しつつ、ETFか投資信託のどちらを購入するか検討します。私なら透明性の高いETFを選好しますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください