経済的基盤があれば自由な発想ができる

スポンサーリンク

私の周りには、「お金がない」「もっと給料が高かったら、、、」と嘆いているおじさま達がいます。

この人たちは決まって「子育てにはお金がかかる」「欲しいモノを買う余裕がない」と言います。

気持ちはわかります。私も社会人になって数年は同じような気持ちでした。

しかし今は、こういった人たちには一切同情しなくなりました。なぜなら、現代社会において資産が築けないのは自己責任だと知ったからです。これは、資本主義社会における残酷な真実の1つです。

お金持ちになる方法は3つしかありません。

  • 収入を増やす
  • 支出を減らす
  • 運用利回りを上げる

このうち、今すぐ劇的に収入を増やすことは容易ではありません。収入を増やすためには、転職・副業・起業などを実行する必要があるので少なからずハードルはあります。一方で、「支出を減らす」「運用利回りを上げる」の項目は、少し知識を持つだけですぐに実践できる即効性のある方法です。

冒頭のおじさま達はこの2つの努力を怠っているに過ぎません。支出を減らす方法、運用利回りを上げる方法などは、書店で1500円も出せば手に入ります。

例えば、支出を減らす具体的な方法として以下のような方法があります。

  • 家賃の安い賃貸に住む
  • 格安SIMでスマホを使う
  • 電力自由化のメリットを享受する
  • 確定拠出年金を利用する
  • ふるさと納税をする

また、運用利回りを上げるためには、以下の本を読んでインデックス投資を実践するという方法もあります。

これらの方法を駆使して、ある程度の経済的基盤を築けるようになると、将来のためのリスクをとることができるようになります。それはすなわち、保守に走らない自由な発想ができるということです。

では、どうやって経済的基盤を構築するのか。それは、節約と運用です。実際に脱サラに成功した人たちの多くは、質素倹約に努め、余剰資金を積極的に運用に回しています。貯金がない中、一か八かの大勝負にでて成功した人はほとんどいません。

やるなら早い方がいいです。

特に投資に関していうなら、早く始めれば早いほど期待リターンが高くなります。

節約と投資は、私のような凡人にも即実践可能です。ぜひトライしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です