「Would you〜」は「あなたなら」と訳す癖をつけよう

スポンサーリンク

これまでの学校教育では「Would you 〜」は「Will you〜」の丁寧系だと習います。

しかし、would you = 「丁寧な尋ね方」だと思っていると説明がつかない英文がよくあります。

例えば、

  • What would you recommend?
  • How would you approach?

のような場合です。この時は、

  • あなただったら、何を勧めますか?
  • あなただったら、どうアプローチしますか?

というように訳すとスッキリします。

Wouldは特に、ビジネスの世界では頻出の表現なので使いこなせるようにしましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です