現役時代に知りたかったアウトエッジという考え方

スポンサーリンク

最近、趣味のテニスが飛躍的に向上するあるキッカケがありました。それが「アウトエッジ 」という考え方。

テニスにら限らず、回旋運動を伴うスポーツでは「身体を開くな」というのが定石中の定石。身体を開かないために「股関節にタメを作る」「前脚で壁を作る」練習を幾度となく繰り返します。

しかし、私はいつまでたっても身体の開きを抑えられず、パフォーマンスを発揮できないアスリートでした。

今回は、身体を開かないための画期的な方法である「アウトエッジ 」について紹介したいと思います。

「拇指球」至上主義から脱却しよう

スポーツをする人にとって馴染み深い言葉に「拇指球」があります。「拇指球で体重を支える」というのは誰もが口にする疑いようも無い指導法です。

しかし、この拇指球に意識が行き過ぎることが諸悪の根源。拇指球に意識がいくと、足裏の内側に意識がいってしまい所謂「インエッジ」で身体を支えることになります。インエッジで身体を支えようとすると構造上、どうしても不安定になり、運動のパフォーマンスを低下させます。

拇指球は確かに地面を蹴る上で重要なのですが、拇指球に体重が移行する前は踵の外側で着地する必要があります。これが「アウトエッジ 」です。

遠慮なく足裏の外側(アウトエッジ )に体重をかけよう

従来の考えでは、身体の外側に体重をかけるとは完全にNGでした。しかし、足裏の外側である「アウトエッジ 」に体重を乗せて、拇指球に体重移動させることを踏まえれば、むしろ積極的に足裏の外側に体重を乗せるべきだと言えるでしょう。

アウトエッジで着地すると股関節は「外旋」した形になるため、より前傾しやすくなります。

以前、パワーポジションの重要性を説きましたが、アウトエッジはパワーポジションとも強い関連性があります。

やっぱり股関節は意識しよう

「アウトエッジ 」に体重を乗せるうえで注意点がひとつだけあります。それは、アウトエッジ であっても股関節に「入れる」感覚を持つこと。

アウトエッジで地面との接触を保ちつつ、体重を支える軸は股関節というのが基本系です。アウトエッジで着地してから拇指球で蹴り出すまで股関節に意識をもっていきます。

まとめ

拇指球は確かに大切ですが、拇指球で蹴り出す前には「反動」が必要です。その反動のトップ位置がアウトエッジという理解で問題ないでしょう。

これまで拇指球を意識しているのに運動のパフォーマンスが向上しないとお悩みの方はぜひ試してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です