お金に関する知識は知っているだけで得をする

スポンサーリンク

よく学問の世界では「知識」と「知恵」が区別されます。その論調の多くは「知識」はただ単に事実を記憶しているだけで「知恵」は知識を元に発想すること、先行き不透明な今の時代は「知恵」が求められる、というものです。

クリエイティブな仕事に従事する人は、知識の多寡よりも知恵を働かせる力の方が重要で、特に、問題解決能力が注目を浴びる昨今、圧倒的に「知恵」を重要度が高まっています。

一方、「知識」の方は偏見・先入観に繋がるなどと批判の的となり悪者扱いされることもしばしばです。

確かに問題解決が必要とされる現代のビジネスの場面ではその通りでしょう。付け焼き刃の知識なんて全然プラクティカルではありません。

しかし、多くの人が悩みを抱えるお金についてはどうでしょう。

お金を貯める方法のうち最も確実とされる「経済合理的な行動」については、実は、知ってるだけで成果が出せるようになっています。

お金を貯めるためには、1) 稼ぐ、2) 節約する、3) 運用する、の3つが上手く回ることが大切てすが、どれも必要な知識は誰でも実践可能な形で公開されています。

稼ぐことに関して言えば、

  • ポイントサイト
  • ヤフオク
  • 高還元率クレジットカード

節約に関して言えば、

  • 格安SIM
  • iDeCo
  • ふるさと納税
  • 各種所得控除・税額控除制度

運用に関して言えば、

  • 現代ポートフォリオ理論

と、素人でも実践できて、一定の期待リターンが得られる方法がほぼ無料で公開されています。

この方法を実践して富を掴めるかどうかは、文字通り知っているか否かのみの問題です。

もちろん、起業してがっぽり稼ぐというように規模が大きくなると「知恵」の重要度が高まってきますが、トマス・J・スタンリーの「となりの億万長者」にあるように余裕ある老後を迎えるために必要な資産を築くためには、上記の方法で十分です。

お金に関する不安が拭えない人は、まず知識を大量に吸収することをオススメします。知恵を発揮するのはそれからで十分です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です