証券口座の資産額推移からわかること

スポンサーリンク

上図は年単位でみた証券口座の資産推移ですが、2011年に投資を開始してから6年で証券口座の資産額が1000万近くに達してます。

この間アベノミクスの恩恵をかなり享受したのは事実ですが、インデックス投資の有用性を認識し、毎月一定額の積み立てを習慣化できたことも資産形成に大きく寄与していると思います。

2011年に証券口座を開設した当時、私は「投資といったら株式投資だ」と短絡的に考えていました。そのため、グラフ上の株式の割合(赤色)が相対的に多いのが見てとれます。

しかし、その後2014年頃から投資について再勉強して、インデックス投資を実践するようになると、一気に投資信託(黄色)の割合が増えていることがわかります。

当時、私は「投資しないほうが損だ」と心境が変化しインデックスファンドを扱う投資信託を大量購入したのをよく覚えています。

やはり人は腑に落ちると一気に行動に結びつくのだと思いました。

投資はリタイアした後も続けていくものですので、今のうちに少しずつ投資に関する知識を磨き上げ、将来日本がどんな環境に陥っても家族と前向きに生きていければと考えています

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です