ミラーニューロンをうまく活用しよう

スポンサーリンク

  • 「いつも笑顔な人と一緒だと自分まで嬉しくなる」
  • 「不機嫌な人といると自分まで不機嫌になる」

皆さんはこんな経験したことありませんか?

実はこういった現象は、最近の脳科学で説明可能なんです。

正体は「ミラーニューロン」

他人の行動を見た時に、自分が行動した時と同じように活発になる神経細胞があるんです。つまり、他人を見てあたかも自分が行動したかのように振る舞うんですね。

この神経細胞は「ミラーニューロン」と呼ばれ、感情の感染なんかもこのミラーニューロンの作用によるものだと言われています。

まだ新しい知見

ミラーニューロンの発見はほんの20年前のことで、研究が進んできたのもごく最近のこと。

最初の報告は、以下のイタリアのパルマ大学のジャコモ・リッツォラッティによるものです1)Brain Res Cogn Brain Res. 1996 Mar;3(2):131–41.。研究の概要は次の通り。

  • マカクザルの下前頭皮質に電極を設置し神経細胞の活動を記録
  • 実験者やその他のサルがエサをとりあげた場合に、マカクザル自身が(実際はしていないのに)エサをとるときと同様の活動を示すニューロンを発見
  • このニューロンを「ミラーニューロン」と命名

ミラーニューロンはまだサルで観察されたのみで、人間での観察はこれからのようです。

いいものはどんどんミラーニューロンに真似させよう

古くから伝わる格言・名言なんかもこのミラーニューロンで説明できちゃいそうです。例えば、

  • 「成功者と同じ空気を吸いなさい」
  • 「あなたの最も身近な5人の平均年収があなたの年収になる」

こういった環境の大切さを訴える格言は、

「あなたのミラーニューロンに成功者の真似をさせなさい」

と言っていたのです。いい習慣を自分に感染させるようにやはり環境は選ばないといけないですね。愚痴ばかりの飲み会に行ってしまうとあなたのミラーニューロンが真似してしまってあなたも…。

逆に、自分が不機嫌な時は、周りの人が不機嫌である可能性を疑ってもいいかもしれませんね。

まとめ

ミラーニューロンの発見はごく最近。これからいろいろと新しい知見が報告されてくるでしょう。とにかく良い環境に身を置いて、あなたのミラーニューロンにどんどん真似させましょう!

参考   [ + ]

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です