英会話は「アクセント」が一番重要で異論なし

スポンサーリンク

ハロウィンが盛り上がっていますが、ザ・ボイスで高橋洋一さんが日本人の発音について指摘していたのが面白かったので紹介します。

高橋さんが指摘していたのは、

「日本でハロウィンが盛り上がるのはいいけれど、せっかくなら正しい発音しようよ」

ということです。

日本人のカタカナ英語では、ハロウィンの「ハ」にアクセントがきます。

しかし、正しい発音は、ハロウィンの「ウィーン」の方にアクセントがくるのです。

日本語は外来語をカタカナで表記するようになったため、英単語を覚えるのは意外と楽だと言われています。

しかし、英会話において、一番大切なコトは、英単語のスペルを覚えることでも、LやRの違いを発音できることでもなく、正しいアクセントで喋ることです。

逆に言えば、アクセントさえしっかりしていればある程度発音はめちゃくちゃでも通じます。

日本はせっかく英語がカタカナという形で輸入されてくるので、正しいアクセントも一緒に覚えるようにしましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です