「私友達少ないんです」という自己紹介は最強

スポンサーリンク

人間関係に悩む人って多いですよね?学校の友達関係から始まり、会社の人間関係に至るまで、社会的な動物である人間は、常に他人との関係性の中で成り立っています。

かくいう私も、昔は人間関係で悩んでいた時期もありしました。しかし、ある時期から1つの自己紹介の方法を実践するだけで今はとっても楽になりました。

今回は、人間関係に悩む人たちに、少しでもその辛さが和らげばと思い、私が実践する方法を紹介したいと思います。

人間は社会的な動物ゆえに苦しむ

人は社会的な生き物なので、仲間がいなくなること、に最大の恐怖を感じるよう設計されています。その恐怖から逃れるために、他人に媚を売ったり、リア充アピールしたりするのです。

しかし、いったん自分を大きく見せようと背伸びすると、現実とのギャップを実感せずにいられなくなります。そして、そのギャップを直視した時にさらに苦しむのです。つまり、仲間が沢山いるように見せれば見せるほど、突きつけられた現実に苦しみ、その苦しみを和らげるためまた虚の自分を創り出し…、と負のスパイラルに陥ります。

「私友達少ないんです」

こんな時は、発想を逆転させてみてはいかがでしょう。つまり、仲間がいない自分を創り出すのです。

「私、友達少ないんですよね」

最近、よく芸能人でも耳にしますが、この自己紹介の方法は非常に効果的です。大事なことは、「友達がいなくてもよい」と真剣に思い込むことです。

自分にこうした暗示をかけることで、仲間がいない状態が普通の状態となるなので、理想と現実のギャップに苦しむことはありません。

また、視聴者からしても、そういった芸能人は「親近感がわく」「それなら応援してあげよう」と妬みやひがみの対象から外れるため、必然的にファンも増えていきます。

友達って何?

私自身、「友達少ないんです」戦略を実行するようになってから、人間関係のストレスから一気に解放されました。家族がいれば、なおさら友達は不要と思えるようになります。

実際は、友達がいるに越したことありません。しかし、そのために自分を偽ったり、精神を犠牲にしたりすることは賢明とはいえません。

人生の時間は有限です。その中で、好きなことを発信したり、好きなことをやる。そうした中で、自然と自分の周りに集まっている人たちを「友達」と定義しなおして、無理なく日常を過ごせればよいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です