おすすめ!運用管理費(信託報酬)が業界最安のニッセイアセットマネジメントシリーズ

スポンサーリンク

インデックスファンドを扱う投資信託のあいだで低価格競争が熾烈を極めています。

インデックスファンドとは、市場の平均点を狙う運用をおこなうファンドのことで特定の市場の株式や債券に分散して投資をおこないます。

インデックスファンドは、特定の市場にでまわっている株式や債権を均等に購入するだけですので、チャートを見て占いをしたり(テクニカル投資)、企業価値を評価する(バリュー投資)必要がないぶん、市場平均以上のパフォーマンスを狙うアクティブファンドと比べて信託報酬が安くなります。

これまでインデックスファンドの運用管理費用(信託報酬)は年0.65%程度が一般的でしたが、ニッセイアセットマネジメントはその3分の1程度となる年率0.216%まで価格を下げてきました。

<購入・換金手数料なし>シリーズ」の信託報酬 引き下げ

この流れは素晴らしいですね!ぜひ業界全体で努力してほしいしものです。

信託報酬は運用パフォーマンスに決定的に影響を与えるので安ければ安いほど良い商品といえます。

上の図は、100万円を運用利回り年率5%で運用したと仮定した場合に、信託報酬0.216%と信託報酬0.65%の商品のネット(信託報酬を差し引いた後)の運用益の差を表したものです。

驚くべきことに10年間で6.8万円の差がつきます。

私は、積み立てているインデックスファンドを全てニッセイアセットマネジメントに切り替えました。

購入・換金手数料なしシリーズ~こだわりのインデックスファンド | 投資信託ならニッセイ アセットマネジメント

ETFも運用管理費が安く、全世界分散投資ができるのでおすすめですが、こちらに関してはまた改めて紹介したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です