証券会社には余剰資金をどんどん注ぎ込め!証券会社はペイオフ対象外の意味をわかりやすく解説します。

スポンサーリンク

証券会社で金融資本を所有し、資産運用している人の中には「証券会社が倒産した場合、自分の資産はちゃんと守られるのだろうか?」といった漠然とした不安を抱いている人も多いと思います。

「銀行預金なら1000万円までは国が保証してくれるけれども、証券会社はペイオフの対象外」と言われると「国は証券会社に預けた資産は保証してくれないの?」と疑問が湧いてきますよね?

結論から言うと、証券会社の資産の安全性はしっかりと守られています。ペイオフの対象外とは「そもそも国が保証しなくても資産が保護される仕組みがある」ということです。

金融に対する正しい知識を身につけていれば、こういった言葉に流されず、どっしりと構えて投資することが可能になります。そこで今回は、証券会社の資産の安全性について解説してみたいと思います。

証券会社の資産は分別保管されている

証券会社では、「分別管理」という資産管理がなされています。これは投資家から預かった金融資産を証券会社の財務とは切り離して管理する仕組みで法律によって義務づけられています。つまり、証券会社が破綻したとしても、預けていた金融資産は直接の影響を受けません。

例えば、ある証券会社に国内株式を保有していた場合、証券保管振替機構(通称:ほふり)によって、株主名簿が管理されています。仮に、その証券会社が破綻したとしても、投資家が株式を保有していたという事実は「ほふり」のデータベース内で保証されているため資産への影響はありません。別の証券会社に株式の移管手続きをすれば、これまで通り資産運用を続けることができます。

移管手続きできなくても「投資者保護基金」で保護される

「経営破綻したら移管手続きにも応じてくれないのではないか?」といった疑問も湧いてくるかと思いますが、そんな場合でも証券会社には保護策が用意されています。

それが「投資者保護基金」という仕組みです。証券会社が破綻して円滑に株式移管等ができない場合に、投資社保護基金という団体が投資家一人につき1000万円まで保証してくれます。

証券会社に預けた資産は二重の制度によって保護されている

上述したように、証券会社に預けている資産は、「分別管理」と「投資者保護基金」による補償の二重の制度によって保護されています。

この手厚い保護があるということを認識すれば、銀行預金ではなく証券会社にお金を入金した方が合理的だということに気づくでしょう。しかも、証券会社に入金されたお金はMRF(マネーリザーブドファンド)という形で管理され、銀行預金よりも金利が高くなります。

以下の本では、今後、国民の銀行預金の総額が激減するだろうとの記述がありました。

正しい知識を身につけて、自己責任で投資していきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です