まだまだ紙の管理が必要

スポンサーリンク

大量の情報処理が追いつきません。現状、認識している課題は

  1. ベースとなる知識の不足
  2. 情報把握の抜け漏れ
  3. スケジューリング
  4. 考える時間の捻出

以上について対応策を検討中です。勉強して知識獲得に努めるのは勿論ですが、何か即効性のある解決策はないかと模索しています。

まず、iPhoneを中心とした情報収集に限界を感じております。私が保有するiPhone 8の画面サイズは4.7インチ。この画面サイズで各種レポート、メールなどの大量の情報を把握するのは困難です。一覧性が必須のようです。

それならばと手っ取り早い解決策として思いつくのがiPadの購入。新型の iPadは9.7インチなので、iPhone 8のおおよそ二倍の情報を一つの画面で閲覧できるはずです。

しかし、これだけで全てが解決できるわけではありません。

社内の「デキる人達」は、紙で情報を収集しています。これは紙が優れているというわけではなく、今の職場環境がまだまだ紙に最適化されているからといえるでしょう。

屈辱ですが、紙での管理がまだまだ必要そうなのでスケジュール帳や紙ファイルを収納するカバーを購入しようと思います。

必要情報は随時プリントアウトし、このカバー内に収納します。「即時取り出し」「一覧性」という観点からIT環境はまだまだ充実しておりません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です