軸足の決め方

スポンサーリンク

「軸足を決めろ」とはヒッティング系のスポーツでよく言われる指導用語です。

野球やゴルフなど「静」から「動」にヒッティングするスポーツでは、まず足場を慣らし、軸足の位置をしっかり定めてから「構え」に入ります。

一方、テニスやバドミントンなど「動」から「動」のヒッティング系スポーツは、軸足を決めながら動作する必要があります。

ところで「軸足を決める」にはコツがあります。それが「アウトエッジ」という考え方。

人間が最も効率良く歩くためには、先ず踵の外側から着地し、小指側に体重移動します。そして、勢いに乗ったまま重心は母指球に移り、一気に地面を蹴り上げます。重要なのは、先ず踵の外側で着地すること。これがアウトエッジの考え方です。

左右ともにアウトエッジで着地し、地面を母指球で蹴ることを意識することが重要です。アウトエッジで体重移動させる際は、股関節に体重がしっかり乗っていることを確認しましょう。

これが体に染み付くと、上半身の力が抜け「足で打つ」という感触がつかめることでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です