「軸足」と「利き足」の差をなくして腰痛を解消しよう

スポンサーリンク

誰にでも利き手があるように、足にも利き足があります。

さはに足の場合は、利き足とは逆の足を軸足として使っています。

今回のお話は、普段から「軸足」と「利き足」を意識して左右のバランスを良くして腰痛を解消しよう、というものです。

利き足と軸足の見分け方、腰痛とのつながりは以下の文章がやかりやすいです。

一番わかりやすいのは、椅子に座っていて足を組みたくなるときです。この場合、上に重ねたくなるほうの足が、その方の利き足で、下になったほうの足が軸足です。

駅で人を待っているとき、無意識のうちに軸足のほうに体重をかけ、利き足のほうを前に交差してみたり、浮かしたりしていませんか。

意識してみると、誰にでもこの「軸足」「利き足」があることに気づくと思います。

そしてこの「軸足」と「利き足」の使い方の差が大きければ大きいほど、腰痛になりやすいのです。

参考: DIAMOND 男の健康 腰痛の原因その 2 「足の使い方」

野球など左右のバランスが悪いスポーツをやっていた人は腰痛を引き起こしやすいと言われています。

一方で、スポーツによってはサッカーなど両足を使わなければならない場合があります。

僕が最近始めた修斗ボクシングも軸足の矯正に最適です。

僕の場合は、左が軸足で、右足を軸として全く使えませんでした。なので、初めは上の動画のようなスイッチによる左ミドルキックが全然うまくできませんでした(右足1本でうまく体重を支えられない)。

しかし、右足を軸足として使うことを普段から意識することで段々と左ミドルが蹴れるようになり、腰痛も何故か解消されてきました。

身体のバランスが悪いとお悩みの方は是非、普段とは違う足を軸足として働かせることを意識してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です