英会話のメンタルブロックを外せ

スポンサーリンク

多くの日本人が英語を話す上で障害となっているメンタルブロックについて解説します。

メンタルブロックとは


「メンタルブロック」とは、

  • 「間違えたらどうしよう」
  • 「うまく話せないと恥ずかしい」

といった否定的な思い込み(ビリーフ)のことです。

これは、日本の学校教育システムの弊害としてよく知られています。中でも日本の慣習的な減点方式のペーパーテストは、間違えないことで高い点数を取れるシステムになっているので、当然「間違えないこと」に主眼が置かれます。結果として「英語は間違えないことが大切だ」というルールが無意識に脳内に刷り込まれてしまうのです。

日本の学校教育が促進する「間違ってはいけない」という気持ちが生徒の英語を話す姿勢にブロックをかけ、結果として、英語が話せない日本人を大量生産しています。

このメンタルブロックをいかに早期に外すことができるかという点が今後の英語の学習速度に決定的な影響を及ぼすでしょう。

低文脈文化を理解する


多くの人が英会話を苦手としている理由は、文法、発音、熟語などを正しくしようと極端に意識してしまう点にあります。

前述したように学校で英単語や文法を厳しく採点され続けることで多くの日本人が英語アレルギーを発症し、いざ外国人と話す機会が訪れると「無言状態」に陥ってしまいます。

この英語アレルギーの代表的な症状である「無言状態」が欧米社会で相手を不快にさせる最悪な方法であることはあまりら知られていません。

無言がなぜ相手を不快にさせるかというと欧米のコミニュケーションが低文脈文化(ローコンテクスト)に由来しているからです。

文脈文化(コンテクスト)という考え方は、アメリカ合衆国の文化人類学者エドワード・ホールによって提唱された概念で、世界中の言語コミュニケーションの型を「高文脈文化」と「低文脈文化」に分類したものです。それぞれ特徴は次の通りです。

  • 高文脈文化(ハイコンテクスト)のコミュニケーションは、実際の言葉よりも言葉にしない内容(ノンバーバル)のほうを重んじる伝達方式で、日本語はその最極端な言語です。
  • 低文脈文化(ローコンテクスト)のコミュニケーションは、言葉に表現された内容のみが情報としての意味を持ち、言葉にしていない内容は伝わらないことを前提としています。英語、ドイツ語がこちらに該当します。
高文脈文化 低文脈文化
言葉以外に状況や文脈も情報を伝達する。重要な情報でも言葉に表現されないことがある 伝達される情報は言葉の中で全て提示される
曖昧な言語(非言語コミュニケーションの役割も大きい) 正確性が必要とされる言語
一般的な共通認識に基づく 言葉に基づく
双方の合意に基づいた契約でも状況によって柔軟に変更される 双方の合意に基づき契約され変更は容易ではない
感情的に意思決定される 論理的に意思決定される
沈黙は不快ではない 沈黙はコミニュケーションの途絶として不快

高・低文脈文化 – Wikipediaより

この分類の興味深いところは、高文脈文化における沈黙は不快でない一方、低文脈文化における沈黙は「コミュニケーションの途絶として不快である」と解釈される点にあります。

つまり、英語アレルギーによる無言は何も表現していないばかりでなく相手を不快にさせているのです。

低文脈社会では、

  • わからない時は「わからない」
  • 考える時間が必要なら「考えさせて」
  • 時間が必要なら「ちょっと待って」

と事細かに全てを言葉にしなければいけないのです。

このように日本語は高文脈文化(非言語コミニュケーション)の代表であるために低文脈文化の英語を受け入れづらいという面があることも事実です。大事なことは、英語と日本語は、言葉以上に言語の体系やその性質が全く異なるという事実を受け入れることです。

世界の主流はブロークンイングリッシュ


「英語アレルギー発症」→「無言」→「相手を不快にさせる」→「英語アレルギー深刻化」…

と、このような負のスパイラルに陥る前にまず知っておく重要な事実があります。それは、 世界で使われている英語の9割はブロークンイングリッシュ(正しくない英語)であるということです。

日本の教育現場では、英語は世界共通語であり「将来、英語ができないと大変だ」とある種脅迫のように教えられます。しかし、多くの人が想像する流暢な英語というのは、実は全世界で使われている英語のたった1割を占めるにすぎないのです。

本田直之さんの『レバレッジ英語勉強法』〈朝日新聞出版〉では次のように紹介されています。

現実にヨーロッパの人はヨーロッパなまりの英語を話し、インドの人はインドなまりの英語を話しています。シンガポールの人は、”シングリッシュ”と呼ばれるシンガポールなまりの英語を話します。

〜中略〜

中国アクセントの英語を、韓国イントネーションの英語を、ロシアっぽい英語を。これらはすべて「英語」であり、すでにツールとして世界中で使われています。極論すれば、これまで目標とされていたアメリカ人が話すアメリカ英語も、イギリス人が話す”クイーンズ・イングリッシュ”も、バリエーションの1つにすぎなくなってしまったということです。

〜中略〜

ジャン=ポール・ネリエールが提唱したグロービッシュ(globish;非ネイティブ英語圏の共通言語としての英語)の考え方が、現実化しているのでしょう。

実際、アメリカ在住の非ネイティブの人たちと話していると、彼らが滅茶苦茶な英語を話していることに気がつきます。しかし、彼らはなんの恥ずかしげも無く、自信満々で英語を話しています。文法はめゃちゃくちゃだし、発音だってお世辞にも良いとはいえません。

この事例からもわかるように世界の9割の英語はブロークンイングリッシュ(正しくない英語)なのです。まずは、この事実を認識し「正しい英語を捨てよう」というマインドになることが重要です。

喋ってから考える


メンタルブロックを外すには「考えてから喋るのではなく、喋ってから考える」というような発想の転換しが必要です。無言は相手を不快にさせるため私たち日本人が考えている以上に罪な行為です。罪な行為を避けるためにもまずは喋ることを心がけましょう。

具体的に喋る言葉は次のような言葉が有用です。これらは意味を持たず、単なる時間稼ぎの言葉として知られています。

  • you know
  • yeah
  • well

繰り返しになりますが、無言にならずにとにかく喋ることが大切です。不安になるかもしれませんが、喋り始めたら脳が高速回転して何かしらの言葉を生産してくれます。

言葉を吐き出せばその真空状態に新たな言葉が次々と取り込まれてくるようになります。まずは、完璧な英語を捨て、喋りだすことから始めましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です