英語の発音は筋トレ。舌を鍛えたもんがち。

スポンサーリンク

英語学習における発音の重要性はあまり多くは語られません。しかし、誰もが心の声に耳を傾けると、ある真理が聞こえてきます。

「発音ができないのに英語が話せるようになるわけないじゃん!」

全く、その通りですよね。断言しますが、発音は英語学習の比較的初期の段階から鍛えるべきです。今回はその方法とメリットについて解説しましょう。

発音は筋トレ


まだ日本語も身につく前の子供であれば、英語を聞いてマネしていれば自然と英語の発音をマスターすることが可能なのですが、大人になると、なかなかこのような芸当はできません。

英語の発音は、日本語にはない独特な舌と唇の使い方を要します。そのため多くの日本人は、英語を発音するための筋肉が発達しておらず、いくら舌の動かし方を学んでも上手く発音することができません。

例えば、「R」の音は舌を根元から持ち上げ保持して発音する必要があります。日本語ではまず使われない舌の筋肉を使うなので、初めはなかなか思うようにはできません。

しかし、そういった問題は、英語を発音する舌や唇の動かし方を頭で理解して、繰り返し訓練することで解決できます。徹底的な筋トレによって、英語を話すための筋肉(英語筋)を鍛え上げれば、ネイティブが聞き取れるくらいの発音にまで昇華させることは可能です。

「R」の発音も、「これは舌の筋トレだ」と割り切って、ずっと練習していると自然と舌の根元の使い方のコツが掴めるようになります。まずは、舌の使い方を理解しましょう。そして、舌の筋トレを繰り返しましょう。英語ペラペラへの道はそれからです。

発音できない言葉は聞き取れない


発音を鍛えるメリットは「スピーキング」だけに止まりません。

英語学習者の中には、「一応それなりに英語で話すことはできるけど、リスニングがどうしても苦手」という人も多いと思います。

なぜリスニングが苦手なのでしょうか。それは、自らが発音できない音を聞き取ろうとしているからに他なりません。

1つわかりやすい例を挙げてみます。あなたは「バット」と言われて何を思い浮かべますか?ほとんどの人は次の2つの単語を思い浮かべるでしょう。

  • but(しかし)
  • bat(こうもり)

発音記号で示すと、butの発音は「bʌt」、bad の発音は「bˈæt」です。なお、発音は是非とも発音記号で理解してください。

発音(発音記号)を理解している人は、これらの音の違いを一瞬で聞き分けることができます。この人たちは当然2つの単語を発音することも可能です。

一方、発音記号を知らない人は、一度カタカナで「バット」と聞き取った後、頭で日本語に翻訳します。聞き取ったカタカナに対して2つの英単語が存在する場合は、どちらの単語が文脈に合っているかを判断する作業も生じます。英会話を学ぶ上で、どちらが有利かは一目瞭然です。

この2人を分けるものは発音(記号)を理解しているか否かという点だけです。発音記号は母音、子音どちらの理解にも役立ちます。ちなみに日本語の母音は「あいうえお」の5種類だけですが、英語には26種類も存在します。リスニングが苦手な人は、この歴然たる違いを認識し、発音の練習に取り組んでみてはいかがでしょう。発音記号を理解した上で英会話するのと、聞き取ったカタカナを日本語に翻訳して英会話するのとでは雲泥の差です。

リスニングが苦手なのは耳が悪いからではありません。発音記号を理解していないからです。

発音ができると伝えたい内容が伝わる


以前、人気歌手で語学が堪能なGACKTさんがパーソナリティを務めるラジオでリスナーから「どうすれば英語ができるようになるか」と問われ、次のように回答していました。

カタコトで「俺は君が好きだ」と言われるのと、良い発音で「俺、君、好き」と言われるの、どっちが伝わる?
カタコトで「俺は君が好きだ」と言われるとイラッとくるけど、発音さえしっかりしていれば文法的な正しさなんて全然気にならない。

さすがGacktさんですね。これは、発音の重要性を示す格好の例だと思います。

もう1つ、英会話を荷物の輸送(トラック輸送)に例えてみましょう。「言葉」は荷物です。そうすると、文法や発音はその「(トラック)輸送の仕方」となります。

正しい発音で言葉を伝えるということは、荷物をしっかりと固定・保護して運送するということです。荷物が保護されているため、多少、悪路であっても強引に道を走行することができます。貨物がしっかりと固定・保護されていれば貨物は目的地まで壊れることなく届くでしょう。

一方、正しい文法で言葉を伝えるということは、しっかりと舗装された道を選択して(時には遠回りして)、運送するということです。道が舗装されているためトラックの揺れは少ないですが、荷物自体が固定・保護されていないと壊れる場合があります。

発音は、コミニュケーションの伝達量に直結します。相手にしっかりと荷物を届けるために、あなたは文法と発音どちらを重視しますか?

4感を使って単語を覚えることができる


「英会話の上達」と「語彙力(ボキャブラリーの豊富さ」には相関があります。単語をたくさん知っている人ほど表現も豊かになるということを疑う人はいないでしょう。

英語学習は大量の英単語を暗記する必要があります。暗記とは記憶する行為です。脳科学的にも記憶は5感を駆使すると効率的なことがしられています。つまり、「見て、聞いて、話して、書いて、嗅いで」覚えると暗記効率がグンとあがるのです。

言葉に匂いはないので、英単語の暗記に効果をもたらすのは実質「見て、聞いて、話して、書いて」の4感を駆使して暗記するのが効率的でしょう。

これまでの受験英語(発音を軽視した英語)は、「見て、書いて」暗記すること(2感を駆使)に重点が置かれてきました。しかし、これでは人間の潜在能力の半分しか活用できていないことになります。

発音を理解すると、「見て、書いて」暗記することに加え「聞いて、喋って」英語を覚えることが可能になります。

さらに、これまで聞き流していたTVやラジオから流れてくる英語も耳に引っかかりはじめます。そして、自分では意図しなくても無意識に脳に刷り込まれていくようになるのです。

発音できない音を無意識に記憶することは不可能です。レバレッジを効かせた単語の暗記に発音の理解は不可能です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です