「有給で休みます」を英語でPTO

スポンサーリンク

今日、上司から「I will be out on PTO」というメールが届きました。

「んっ、PTOって何だ?」

と急いで辞書を引いてみると「Paid Time Off」の頭文字をとったもので、日本語でいう「有給」にあたる意味だということがわかりました。

アメリカでは、どんなに忙しいマネージャーでもPTOをしっかり消化する文化があるようです。

さすがはアメリカ。これは「Time is money」の考え方がビジネスパーソンに深く浸透している表れなのかもしれませんね。

日本のサラリーマンによくある「有給が消化てきず、翌年にも持ち越せない(汗)」なんていうのはお金をドブに捨てているのと同じくらいの感覚なんだと思います(仕事自体は大好きなので決してサボりたい訳ではないと思います)。

私自身、有給を説明する時に、いつも回りくどい説明の仕方をしていたので、これからは積極的に「PTO」という単語を使っていこうと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です