英会話において「あいづち語」「きっかけ語」は基本中の基本

スポンサーリンク

今回は具体的に双方向の会話をするためのテクニックについて紹介します。

キーワードは「あいづち語」と「きっかけ語」です。日本語でもこの二つを組み合わせるだけで「聞き上手」「持ち上げ上手」になれますよね。

英会話の上達過程でまだ初級に位置する場合、ネイティブスピーカーとの会話では、まず聞き上手になることを目指します。その上で相手の英語表現や言い回しを覚えていくのが最も効率的です。代表的な「あいづち語」「きっかけ語」について以下に解説していきます。

「あいづち語」を使いこなそう

「あいづち語」はその言葉の通り、あいづちを打つ時に便利な表現です。日本語でいうと次のような言葉が「あいづち語」に相当します。

  • ヘェ〜
  • なるほど
  • そうですか
  • それで

これらの表現ってどれもよく使いますよね。しかし、これらに該当する言葉を英語でどのように表現するのか即答できる人はほとんどいないでしょう。この「あいづち語」を数種類覚えているだけで会話が長続きしますし、相手に気持ちよく喋ってもらうことができます。いくつかパターンに分けて紹介しましょう。

同意のあいづち

最も種類が豊富なのは同意のあいづちでしょう。以下に列挙します。日本語訳に関しては私の解釈によるところが大きいですので正しさを欠いている点はご容赦ください。

  • Uh-huh(ヘェ〜)
  • Yeah(うん)
  • That’s true(そうだね)
  • That’s make sense(納得だね)
  • Right(その通り)
  • Okay(わかった)
  • I see(了解)
  • Got you(了解)
  • good(いいね)
  • That would be great(それだといいね)
  • Maybe(多分ね)
  • Could be(その可能性はあるね)
  • Correct(それが正しい)
  • Exactly(ほんとその通り)
  • Absolutely(完全にその通り)
  • Defenety(絶対その通り)

確認のあいづち

確認はぜひともモノにしたい言い回しです。とっさに言えるようになるまでは時間がかかりますが、これを使いこなせるようになると一気に会話の幅が広がります。

  • Do you?(あなたそうするの)
  • Does he/she?(彼/彼女がそうするんだ)
  • Did you?(したんだ)
  • Did he/she?(彼/彼女がしたんだ)

驚きを表すあいづち

サプライズ好きなアメリカ人同士だとこのような表現が飛び交います。

  • Really?(ほんとに)
  • No way(まさか)
  • Come on(やめてくれよ)
  • No kidding(冗談はよしてくれ)
  • Oh my gosh(あらまぁ)
  • Oh my goodness(なんてこった)

自分から話しかけられるようになろう

あいづちが上手くできるようになったならば今度は自分から話しかけるためのスキルを身につけましょう。

私達日本人は英語ネイティブではないため、会話を始める際は相手に注目してもらうことがなにより大切です。相手に注目してもらうために何をすればよいかというと、「大きな声」と「きっかけ語」の二つが非常に有効です。

大きな声を

英会話をはじめて間もない時期は、「相手に聞き返されること」がたくさんあります。そして、欧米人の聞き返し方が「はぁ?」と日本人にとっては威圧的に聞こえてしまう言い方なので多くの日本人が英語に対する自信を失ってしまいます。

しかし、だからといって「文法が違ったかぁ」「発音が悪かったかなぁ」などと反省してしまうのは非常にもったいないことです。

日本人の英語が聞き返されてしまう一番の原因は「声の小ささ」にあります。英語は「唇」や「喉」を振動させて発音するため音がよく響きます。それに比べて、日本語は喉や唇の振動を、英語ほど活用せずに発音するためとても音が響きにくい言語です。

英語で話しかける時は、英語と日本語のデフォルトの音量の違いを認識し、意識的に大声で話すことが重要なのです。

きっかけ語を使う

大きな声に加えて大切なことは「きっかけ語」を使うことです。きっかけ語なしでいきなり本題を切り出しても、相手はまだ聞き取る準備ができていないため、なかなか一発で意図が伝わりません。

きっかけ語には以下のような表現があります。
(日本語訳はあくまでも私なりの解釈ですので正しい英語で話しかけるない点ご了承ください)

  • So, (あのぉ)
  • You know,(えー)
  • Ah, (あー)
  • You know what,(ねぇ)
  • Guess what,(ねぇ)
  • Look,(ほら)
  • See,(ほら)

このような何気無い一言を本題を切り出す前に付け加えることで、相手に注目させる「間」を与えます。この間があるのとないので、意思の伝達率に雲泥の差がでます。

控えめなきっかけフレーズを使う

意思を伝達する上で、きっかけ語を使った後に「きっかけフレーズ」を付け加えられるとなお効果的です。気の利いたきっかけフレーズは表現に丁寧さを付加する働きがあるため、お願いや質問の前に述べることで唐突な印象を和らげてくれます。

便利な表現の例を以下にあげます。

  • I just wanna make sure(ちょっと確認したいのですが)
  • Let me clarify(明確にさせていただきたいのですが、)
  • I just wanna let you know(ちょっとお伝えしたいことがありまして、)
  • Could you do me a favor(ちょっとお願いしたいのですが、)

控えめな表現ができるようになると、あなた自身が丁寧な人間である印象を相手に与えることができます。少し上級編ですが、ビジネスパーソンであれば必修の表現でしょう。

まとめ

ネイティブと話していて、相手が気持ちよく話していないと感じる時は、自分のあいづちをもう一度見直しましょう。あいづちができるだけで英会話の自信がつきますし、メンタルブロックを外すのにも有効です。

また、自分の英語が相手に通じてないと、つい「発音が悪いのかな?」「文法がおかしいかな?」と考えがちですが、ほとんどの場合は、「声の大きさ」と「相手からの注目不足」が原因です。

「あいづち語」と「きっかけ語」という2つの武器を駆使して英会話に臨んでみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です