【R】月と年の差の求める方法

スポンサーリンク

RのTimediff()関数は週単位までしか使えません。

日付、時間関数Tips大全 – RjpWiki

僕は月ごとのデータを扱いたい時が多いので、Rで月と年の差の求める方法を紹介します。

月の差を求める

日付の差をうるう年を考慮した365.25/12で割るだけです。

#日付のベクトルを作る
a<-as.Date(c("2014-01-01","2014-02-01","2014-11-11"))
b<-as.Date(c("2013-02-21","2011-12-23","2012-02-10"))

#ベクトルの中身
a
[1] "2014-01-01" "2014-02-01" "2014-11-11"
b
[1] "2013-02-21" "2011-12-23" "2012-02-10"

#aとbの月の差を求める
floor(as.numeric(a-b)/(365.25/12))
[1] 10 25 33

年の差も同じ考え方で求められます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です