データ分析者が多用する「drill」の使い方

スポンサーリンク

データ分析者が多用する「drill」の使い方

仕事で同僚が「drill」という言葉を使っているのをよく耳にします。

drill down on data

「drill down on data」で「データを掘り下げる」という意味があります。

We neet to drill down on this data.
(このデータをもっと掘り下げてみなくちゃな)

調べてみたら以下のような意味でした。
有名な辞書にヒットしなかったので、カジュアルな使い方なんでしょうね。

drill down
(intransitive, adverb) to look at or examine something in depth: to drill down through financial data

Dictionary.comより

drill into

「drill into」で「教えこむ」とか「訓練する」という意味になります。

コードとか教えてくれって時に使います。

Can we sit down for some time and start drilling into what you’ve put together?
(しばらくの間マンツーマンで君がまとめたものを教えてくれない?)
drill into
to force knowledge into someone or something

idioms.thefreedictionary.comより

まとめ

ドリルってゴリゴリ穴を掘ったりするイメージですが、そこから派生して「データを深く掘る」という使い方がされるんですね。

カジュアルな用法ですが、周りがよく使っているので理解出来たほうが良いと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です