Windowsの付箋機能でToDoリストを作成する方法

スポンサーリンク

世の中には、ToDoリスト管理のアプリがたくさんあります。
もし仕事などでWindowsを使っているならデフォルトで入っているWindowsの「付箋機能」で十分だと思います。

ToDoリストの作り方を解説します。

「Ctrl+Alt+L」で箇条書きにする

「Ctrl+Alt+L」でリストが作成されます。

Stickynote

完了したら「Ctrl+T」で取り消し線

「Ctrl+T」で取り消し線を付け足せます。

Stickynote2

「Ctrl+Shift+<」で文字サイズを調整

「Ctrl+Shift+<」で文字サイズ縮小、「Ctrl+Shift+>」で拡大できます。

まとめ

付箋は常に画面表示されるので、いつでも目に入りToDo管理にピッタリです。
意外と知られていないようなので是非試してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です