アメリカ人とのコミュニケーションエラーをなくす方法

スポンサーリンク

アメリカ人とのコミュニケーションエラーをなくす方法を日々模索しているのですが、最近、「この意識が欠けてたなぁ」と気づいたことがあったので備忘録を兼ねて記事にしますり。

クリティカルな用語を使う

英語力がついてくると、何でも関係代名詞で説明できてしまうため語彙を増やす努力を怠りがちです。

しかし、実際の仕事上のコミニュケーションは関係代名詞を使って回りくどく説明するより、クリティカルな用語を使って短く説明するほうが良い場合が多いです。

以下私の失敗例を紹介します。

私の失敗例

limit the person to make change to the document
(ドキュメント変更を加えられる人を制限する)

クリティカルな単語を使った例

lock the document
(ドキュメントをロックする)

前者でも意味的には正しいのですが、説明が冗長で誤解を与えてしまいました。「lcok」というクリティカルな単語を使った方がコミニュケーションがスムーズにいくと痛感した出来事でした。

こればかりは語彙力と経験がものを言います。めげずに日々努力していこうと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です