「多分」を英語でどう表すか。Probability によって使い分ける

スポンサーリンク

英語と日本語は一対一対応しません。一般的に、日本語の方が「高コンテクスト」なので、語彙がカバーする範囲が広いのです。

一つの日本語に対して、たくさんの英語の言い回しがあるということは決して珍しくありません。

有名どころだと日本語の「多分」が挙げられます。

英語では多分の「確からしさ」によって、「Probably」「Possibly」「maybe」などと使いわけています。

以下に、その確からしさ別の英単語を紹介します。

  • 100% : definitely, absolutely, for sure, certainly, positively, conclusively
  • 90% : most likely
  • 80% : probably
  • 70% : likely
  • 60% : quite possibly
  • 50% : maybe, perhaps
  • 30% : likely not, might be
  • 20% : conceivably, probably not
  • 10% : most likely not
  • 5% : almost certainly not

日本人によくある間違いで「maybe」を多用しすぎていつも50%の確からしさしかないと思われてしまうことがあります。

これに、法助動詞などを組み合わせると、可能性を含めた細かなニュアンスも伝えられるようになります。

  • would be (だろう)
  • could be (あり得る)
  • might be (かも知れない)
  • should be (のはず)
  • must be (間違いない)
  • supposed to be(〜ということになっている)

具体的には、以下のような使い方ができます。

Probably, whether forecast were wrong. It’s supposed to be raining.
(多分天気予報はハズレだね。今頃雨が降ってるはずだもの)

多分と法助動詞を組み合わせることで、かなり細かいニュアンスまで相手に伝えることができるようになります。是非、参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です