円高に備えて現金比率を高めよう。

スポンサーリンク

こんにちは。katsu(@winlabo)です。

最近、個人投資家界隈でこんな記事が話題になっています。

円、対ドルで100円に向かう上昇の土台築く – Bloomberg

私自身は、2018年のマクロ環境から為替相場は円安に振れると読んでいるのですが、将来の相場は誰にも読めるものではありません。

そう考えると、個人レベルでできることは、円高・円安のどちらに触れようとも、あらかじめ適切な対策を講じておくことだけです。

相場の歴史を見ても残念ながら、現在の日本経済は「為替」の影響に大きく左右されます。端的に言うと、円安に振れれば好景気、円高に触れれば不景気です。

すると冒頭の記事は、円高の到来による将来の不況を示唆していらということです。

不況とはデフレとほぼ同義で、デフレ下では、モノに対して円の価値が相対的に高くなるため現金を保有することが最適戦略になります。ですのでこの先、円高局面を迎える見通しならば、今のうちからポートフォリオに占める現金の比率を高めておく必要があります。

また、不安を煽るつもりはありませんが、朝鮮半島有事も円高リスクの一因です。これは、東日本大震災の時などに見られたように日本企業による円の買い戻しが予想されるためです。

私としては、今年は投資額を抑え、ボーナス収入などもなるべく現預金に充てようと思っています。

ドラゴンクエストでいう「いのちだいじに」モードで相場にに臨みたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です