新社会人にオススメしたい3つの投資戦略

スポンサーリンク

新社会人となって給料をもらい始めるとその使い道を考えますよね?

自分へのご褒美で好きなものを買ったり、旅行資金にしたり、自己投資にあてる人もいるでしょう。そんな中、「収入の一部を毎月お金を投資に回したい」と考える人は、今回の記事が参考になるかもしれません。

「投資を始めるなら早い方がいい」とよく言われますが、「若い人ほど投資に関する知識がないので失敗するのではないか」との懸念から一歩踏み出すのを躊躇してしまいます。

そこで、今回は、そんな新社会人の皆さんに

  • どこで証券口座を開けばいいのか
  • 何に投資をすればいいか

をズバリ解説します(あくまでも私の意見ですので、投資は自己責任でお願いします)。

証券会社はSBI証券で

現時点で一番サービスが充実しているのはSBI証券です。中でも投信マイレージの還元率が最大2%になるのは素晴らしいの一言に尽きます。他のどの証券会社投資比較しても高還元率です。

また、毎月送られてくる「お客さまのリクエストにお答えしました」メールからも顧客第一主義の精神が感じ取れます。

インデックスファンドを買おう

インデックスファンドとは、世界市場全体の成長だけに賭けて、市場平均を狙う投資手法です。毎月決まった投資信託を決まった額購入するだけなので、全く面白みはないのですが、投資の専門家であるプロのファンドマネージャーでもその半分がインデックスに敗北します。

オススメは、ニッセイシリーズです。

おすすめ!運用管理費(信託報酬)が業界最安のニッセイアセットマネジメントシリーズ

2017.03.03

積立て継続中に勉強

若いうちにインデックス投資信託に積立していけば、期待リターンの分だけ長期投資の果実を受け取ることができます。

時間も労力も使わないので、本業にも影響がありません。私の提案は、機械的にインデックス投資を継続しつつ、その間、本格的に投資の勉強をおこなうことです。

そして、さらなる余剰資金ができたら積極的な投資(バリュー投資など)を開始するのもよいでしょう。

まとめ

若いうちに投資したいと考えている人は、次のことを実行してみましょう。

  • SBI証券に証券口座を開設する
  • インデックスファンドに投資を開始する
  • その間に投資の勉強をする

※あくまで投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です