食品の裏側を知って恐ろしくなった。

スポンサーリンク

私たちは知らない間に大量の添加物を摂取しています。食品に関する恐ろしい事実を下記の本で学ぶことができます。

元添加物営業マンによる内部告発書です。専門用語もわかりやすく噛み砕いて説明されているので読みやすい良書でした。Amazonのレビューも高評価です。

内容はAmazonの紹介文より引用。

廃棄寸前のクズ肉も30種類の「白い粉」でミートボールに甦る。コーヒーフレッシュの中身は水と油と「添加物」だけ。「殺菌剤」のプールで何度も消毒されるパックサラダ。虫をつぶして染めるハムや健康飲料・・・・・・。
食品添加物の世界には、消費者には見えない、知らされていない「影」の部分がたくさんあります。「食品製造の舞台裏」は、普通の消費者には知りようがありません。どんな添加物がどの食品にどれほど使われているか、想像することさえできないのが現状です。
本書は、そんな「食品の裏側」を、食品添加物の元トップセールスマンが明した日本ではじめての本です。いま自分の口に入る食品はどうできているのか。添加物の「毒性よりも怖いもの」とは何か。安さ、便利さの代わりに、私たちは何を失っているのか。
本書は、それらを考える最良の1冊になっています。

実際本書を読むと、コンビニのおにぎりや弁当はもちろん、スーパーの惣菜や加工品まで口にするのを少しためらうようになります。

幸い、わが家は、妻がこの本を以前に読んでいたらしく添加物の少ない食事を心がけてくれています(これは、ほんとに感謝です)。

せっかく労働と投資によって資産形成に成功しても、健康を害してしまっては元も子もありません。

食費は少しかさんでも、将来やりたいことを満足に成し遂げるためには健康管理が一番大切です。

これからは健康への投資についても記事にしていきたいと思います!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です