Mac歴5年の私がiMac21.5インチにインストールした厳選アプリを紹介します

スポンサーリンク

iMacを購入してから毎日ちょこちょこと設定を弄っております。私は以前からMacユーザーでしたのでインストールするアプリも事前にだいたい決まっておりました。
しかし、これまでMacを使ったことのない人は「そもそもMacにはどんなアプリが存在するのか」さえも知らないことと思います。
そこで本記事では、Macを購入した人がまずインストールするべきアプリ(ソフトウェア)を、私の独断と偏見で紹介したいと思います。

Google日本語入力

だいぶマシにはなってきたもののMacの文字入力エンジンは今ひとつ使い勝手が悪いです。
文字入力はコンピュータにおける基本機能ですので、使い心地が良く、生産性向上につながるソフトを求めるのは当然です。
日本人には「ATOK」や「Google日本語入力」といった日本語入力エンジンがオススメです。とりわけ「Google日本語入力」は無料で提供されており、Googleがweb上の膨大なデータを基に作り上げただけあって文句のつけどころがない高性能なエンジンとなっています。特段の理由がない限り、こちらを採用するのが良いでしょう。

スクリーンショット 2017 12 07 21 35 29

Google 日本語入力 – Google

Google chrome

Macはインターネットブラウザとして最初から「サファリ」が組み込まれています。正直こちらの使い勝手に大きな不満はないです。しかし、Google Chromeの拡張性や操作性を体験してしまうと、もとには戻れません。ハードウェアをAppleで統一したならばソフトウェアも、という気持ちは分かりますが、まだその段階には至れません。それだけGoogleは優秀です。
1つChromeの素晴らしい機能を挙げるとすれば、それはショートカットの設定機能です。
ブックマークレットをショートカット登録すれば、引用タグやリンクタグを一発で呼び出すことが可能です。

スクリーンショット 2017 12 07 21 38 53

Chrome for Desktop

1 Password

セキュリティ上の観点から、ウェブサービスごとに異なるパスワードを用いることが推奨されています。しかし、それを全て暗記するのなんてナンセンス。
パスワードは全てアプリで管理しましょう。頭で覚えることは極力減らすことでワーキングメモリが節約され、あなたのストレスは劇的に軽減されます!暗記は外部委託に限ります!

スクリーンショット 2017 12 07 21 41 17

覚えるのはマスターキーのみです。

1Password

MarsEdit

Macの定番ブログ執筆補助アプリです。WordPressとの連携が神がかっていて、画像の挿入、プレビュー機能が、あなたの生産性向上に大きく貢献してくれます。

スクリーンショット 2017 12 07 21 43 33

この記事もMarsEditで執筆しております。

MarsEdit 4

Alfred

言わずと知れたMacにおける全知全能の神アプリ。Alfredは、連絡先・iTunes・アプリ・検索などを統制するランチャー・アプリです。一度使い始めるとMacにデフォルトで搭載されている「spotlight」に戻ることはもうできません。

スクリーンショット 2017 12 07 21 50 37
Amazonで検索なんてことも可能です。

Alfred

OmniOutliner

「アウトライン・プロセッサ」または「アウトライナー」というツールをご存知でしょうか?
縦横無尽に行き来する思考の流れに沿って、モジュール化された文章を自在に管理できるツール、それがアウトライナーです。

スクリーンショット 2017 12 07 21 46 33

こんな風にアウトラインに沿って文章を書き連ねることが可能です。

OmniOutliner 5

まとめ

いかがだったでしょうか?新しいガジェットを導入した時、初期設定が面倒くさいとよく言われますが、私はこの作業が大好きです。
わが家のコックピットとしてハイスペック・マシーンを導入したのでその性能を最大限発揮するようなアプリをどんどん実装しようと思います。
Macを買ってみたものの「どんなアプリを入れようかなぁ」と悩んでいた人の一助になれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です