娘を持つ父親の夢

スポンサーリンク

最近、娘が可愛くてしょうがありません。ふと思い立ったので、娘を持つ父親の個人的な夢を綴っておきます。

20歳になったらお酒を飲みに行く

最初は庶民的な居酒屋に行って、その後はちょっとしたバーに連れていきたいですね。「大人になったら一緒に飲みに行こうね」というのが今の娘との約束事です。実はそんなにお酒飲めないんですけどね。

ピアノを聴く姿を眺める

娘がピアノ弾く姿って、想像するだけでウットリしてしまいます。習い事としてやらせるかは本人の希望次第ですが、なるべく興味を持ってもらえるようピアノの準備はしておきたいです。

一緒に洋服を買いに行く

これが一番ハードルが高い夢です。ちなみに設定は大学生くらい。娘にとって、父親と洋服を一緒に買い行くということは、お気に入りの街(渋谷?原宿?)を父親と一緒に歩くということです。大学生が洋服を買う場所なら街ゆく人々も当然若者です。おしゃれに敏感なこの若者たちの視線に耐えうるくらいの魅力ある父親でいなければ達成不可能でしょう。

もちろん洋服は買ってあげるつもりです。しかし、それでもこの夢は達成困難だと思っています。それほど年頃の娘が父親と一緒にお気に入りの街を歩くハードルは高いものです。

夢のまた夢ですが、ランチまで一緒にできたら最高ですね。これは、いつまでも魅力ある男で居続ける、という究極の目標を達成するモチベーションになります。

さいごに

以上くだらない戯言でしたが、今から20年経ったときに、どれだけ達成できたかを検証してみたいと思います。

娘を持つ父親の皆さんは、いったいどんな夢をお持ちですか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です