30代サラリーマンの一番合理的な投資先は

スポンサーリンク

私は25歳から投資に興味を持ち始めました。いろいろと経験しましたが、30歳を超えたあたりから「何に投資するのが一番合理的なのか」という点について考えるようになりました。「何に」というのは株式などの銘柄に限りません。

私たちが持つ資本には、「人的資本」と「金融資本」の2つがあり、一般的な30代サラリーマンの人的資本は3億円と言われています。対して金融資本は2000万円ほどでしょう。この2つを目の前にした時、金融資本2000万円の投資先を探すのに汗水垂らすよりも、人的資本の3億円をどう運用するかを考えた方が合理的です。

地底奥深く埋まった金塊を掘り当てるのに、スコップとショベルカーが目の前にあったら、多くの人はショベルカーを使いこなす努力をするでしょう。

私の人的資本をどのように運用するかという視点で今一度立ち止まって考えたいと思います。投資家の視点で考えても、自分でビジネスをおこなうというのが最も経済合理的であると思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です