新・三種の神器

スポンサーリンク

家庭における三種の神器は、次のように時代とともに推移しております。

50年代は、白黒テレビ、冷蔵庫、洗濯機
60年代は、カラーテレビ、クーラー、自動車

三種の神器 Wikipedia

最近はモノ余りの時代なので皆がこぞって欲しがる電化製品はそうはありません。しかし、共働き過程など忙しい家庭に対して時短の観点から「超使える!」と言える電化製品が3つ存在します。

それが、

  1. ロボット掃除機
  2. 自動洗濯乾燥機
  3. 食洗機

です。

これは手間のかかる三大家事(掃除、洗濯、洗い物)を自動化する新・三種の神器です。

値段は結構お高めですが、十分価値があると思いますよ。だって、小さな子供のいる家庭はこの三大家事から解放されればその分の時間を我が子に費やせるのですから。

一日どれくらいの時間をこの三大家事に費やしているのか考えてみましょう。実際私はほとんど家事をしていませんが、実際にやるとなると一日30分くらいは費やす必要がありそうです。

そうすると、1年のうち1週間に相当する時間は家事をしていることになります(30分×365日= 約1週間)。この機会損失を甘くみてはいけません。誰だって一年であと1週間休みが取れたらやりたいことは山ほどあるでしょう。

そういう意味でもこれくらいの投資はケチってはいけません。人生において「時間」が一番尊い資産なのですから。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です