【損したくない】車購入の際の検討項目

スポンサーリンク

先日ついに車を購入したのですが、車購入にあたっての検討した項目を振り返って整理したいと思います。あくまでも「損したくない」という観点での検討項目です。初めて車を購入するという人に少しでも役に立てばと思います。

リセールバリューを第一に考えよ

リセールバリューとは車の売却値のことです。人気車ほど高い値段がつきます。軽自動車やミニバンなどが高くなる傾向にあります。

欲しい車をコスト面で断念するな

ところで、あなたは車を購入する際にどんなポイントを重視しますか?多くの人がスペックやデザインと答えるのではないでしょうか?もちろんスペックやデザインのみで購入に踏み切れれば言うことなしなのですが、残念ながら多くの人がコストを大きなポイントに挙げています。「買いたいと思う車ほどコストが高い」これはほとんどの人が抱える悩み。そして往々にして、購入したのは結局お手頃価格な車となってしまいます。

しかしちょっと待ってみてください。先述したリセールバリューを考慮すると、買いたい車にも手が出せるようになります。

例えば300万円の車を購入したとします。これは市場でも大変人気で5年後に150万円の値が付くとすると、実質のコストは150万円程度となります。5年後にほとんど値がつかない150万円の車を購入するよりも、自分の好きな300万円の車を買った方が満足度も高くなるでしょう。

車の購入もiPhoneの購入と同じ

これは毎年新型のiPhoneを購入する論理にも似ています。人気のあるものは高く売れる。この市場原理を理解すると「良いもの」を「安く」買うことが習慣化されます。車のような高い買い物でも原則は同じなのです。

お得なのは中古車

いくらリセールバリューを加味するとはいえ、初期費用はなるべく安く抑えたいもの。そんな時には中古車を検討するのと1つの手です。年式が浅く、走行距離が少ないモデルを選べば、初期費用を抑えつつ価格も高く維持することが可能です。

まとめ

リセールバリューを踏まえた買い物は「良いものを安く買う」という習慣につながります。まずは、どんな車が人気なのかを確認しましょう。そして値崩れしない条件を精査し、自分の好みと合わせて対象を絞り込んでいきましょう。

ちなみに私はプリウスαを買いましたよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です