いつからお金の話に興味を持つようになったのか

スポンサーリンク

私がファイナンシャルリテラシーに興味を持つようになったのはベストセラー本「金持ち父さん貧乏父さん」を読んでからだと記憶しています。これは社会人一年目の時に、知り合いの人に勧められて読みました。

残念ながらその人はネ○○ワークビジネス関連の方だったので今は音信不通ですが、今となっては、私にお金の勉強の大切さを気づかせてくれた存在として感謝しています。

当時販売していた「金持ち父さん」関連本は全て目を通し、だんだんと橘玲本へとシフトしていきました。

そう考えると私のお金に対する考え方はロバートキヨサキ氏と橘玲氏の影響を強く受けていると言えそうです。

逆に言えば、私レベルのファイナンシャルリテラシーならばロバートキヨサキ氏と橘玲氏の著書を読めば身につけることが可能だということです。

特に、新社会人になった20代前半の方々にはお勧めしたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です